筋膜マッサージ専門院とうま鍼灸整骨院

慢性のコリや痛み&女性の骨盤ケア

国家資格を持つ“女性鍼灸師”による丁寧なカウンセリングと鍼施術

女性鍼灸師の丁寧な施術鍼灸・美容鍼

鍼灸とは

鍼灸は日本で約1500年の歴史がある治療法で、これまでにさまざまな病気の治療や予防に役立ってきました。そして、現代医療が発展した現在においてもその効果と安全性が注目され、今では多くの国の医療に取り込まれつつあります。

鍼灸の施術目的は、患者さまの苦痛を緩和し、本来の回復力を引き出すことにあります。

体表の触診や視診で、症状の反応がどのようなところに現れているかを探る必要があります。当院では、体表の観察(触診や視診)も含めて、まずは硬く癒着してしまった筋膜を丁寧に伸ばし、その上で鍼を刺入することが大事であると考えます。

効果の現れ方は、症状の性質や身体の状態などによってさまざまですが、少しでも快適な生活を過ごしていただけるためのお手伝いができるよう努めたいと考えております。

当院での鍼灸治療は女性スタッフが担当します。治療対象となるのは痛みや筋肉のコリだけではなく、血液の循環を改善したり、自律神経に働きかけたりして、さまざまな苦痛を取り除くことに役立ちます。また、心身のリラクゼーション効果や健康を維持し症状の予防も期待できます。

とくに慢性的な苦痛を持っていたり、たくさんの症状を持っていたりする方は、施術を継続することで良い状態を保てている方が多くみられます。

美容鍼とは

美容鍼とは、簡単にいうとお顔のツボや筋肉に鍼を刺入することで、血流を改善し、表情筋を若く保ったり、肌組織を改善させる美容方法です。美容鍼の最大の特徴は、リフトアップに即効性があること。施術を受けた直後からお顔の違いがわかるという方が多くいらっしゃいます。また、リフトアップ、小顔、たるみ、くま、ほうれい線、シワなどのお顔の様々な悩みにアプローチできることに加え、肩こりや頭痛などの身体の悩みも一緒に改善できることも期待できます。

美容や健康へのアプローチができる理由

美容鍼の肌へのアプローチ

お顔の皮膚は、表皮・真皮・皮下組織という3つの層から成り立ちます。

表皮はお顔の表面、真皮はその内側、皮下組織はさらにその奥にある層です。

美容鍼は、鍼を刺入することで皮膚の真皮に微小な傷を与えます。この傷を修復させるために、人間が本来持ち合わせている「自然治癒力=身体を回復させるパワー」によって、お肌のハリや弾力性を保つ「コラーゲン」、「エラスチン」が生成促進されます。その結果、お肌の状態が改善されることを期待します。

お顔の筋膜マッサージで表情筋へアプローチ

お顔の筋膜が癒着を起こすことで筋肉が硬くなります。さらに、筋肉の中を巡っている血管は、交感神経優位になることで収縮され血流が悪くなり、お顔の筋肉が過度に緊張しっぱなしの状態になります。

その結果、お顔のコリや硬さが出てしまい、凹凸が目立つ顔立ちになると考えられます。

また、お顔は筋膜で包まれているため、悪い姿勢や表情のクセによって、部分的な筋肉の負担で筋肉を覆う筋膜に癒着や硬結が生じ、筋肉が動かしにくくなるという負のスパイラルにも繋がります。その結果、動きが悪くなった筋肉は弾力を失い、シワやたるみを引き起こします。

筋膜はコラーゲンとエラスチンという2つの繊維でできていて、肌に弾力を与え、ハリを保つのに必要不可欠です。ところがこれらは年齢とともに代謝や機能が低下し、分布も不均一になり肌のしぼみや“シワ”につながります。

筋肉量は30代から減少し始め、40代から0.5%ずつ減少し、65歳以降には、減少率が増大し、80歳までに30~40%の低下がみられます。

この筋肉量が低下することで、筋肉が皮下脂肪と皮膚を支えられずに起こる現象が顔の“たるみ”と言われています。

容鍼とお顔のファシアセラピーをセットで行うことで
相乗効果を期待します。

お顔のファシアセラピーで、筋膜の癒着・硬結を剥がし顔の左右のバランスが整い、しっかりと動かせるようになります。また、上記の機能低下による肌の衰えをリカバリーする効果にも期待できます。

お顔の筋膜をしっかりと伸ばしてお顔に鍼を打つと、相乗効果により交感神経の活動が抑制されるため、血管が拡張して血流が増加し、筋肉も緩みます。そのため、お顔のコリや硬さが緩んで柔らかく本来あるべき状態にすることが期待できます。

鍼灸の施術にあたっての注意事項

  1. 高熱のある時、飲酒時、極度の疲労時は施術をお断りすることがございます。
  2. 食事はなるべく施術の1時間以上前までにとるように心がけてください。
  3. 腹部や腰・背中部分に施術をすることがあります。着脱のしにくい衣服は避け、肌を出しやすい服装でお越しください。※着替え等が必要な場合は当院で施術着をご用意しております。
  4. 施術後の入浴・運動は差し支えありませんが、倦怠感などが現れた場合、旧用をとるようにしてください。
  5. 入室時、特に鍼の刺入時は携帯電話の使用はおやめください。
  6. 当院では感染防止のため、刺激部位および手指の消毒などを徹底し、滅菌済みの使い捨て鍼を使用し(ディスポ鍼)、一度使用した鍼は一切使用しません。
  7. 鍼の刺激の感じ方には個人差があり、まれに不快に感じることがあります。この場合は、施術担当者に我慢なさらずにお伝えください。
  8. 施術後にだるさ、めまい、発熱、痛み、しびれなどの症状がまれに出現する場合があります。これらの状態の多くは一時的なもので、くわえた刺激に霞城に反応したために起こるものと考えられます。初めの数回は軽い刺激で施術し、経過を見ながらその方にあった施術内容に変更していきますので、ご心配な点がありましたら遠慮なく施術担当者にご相談ください。
  9. 鍼施術により、とくに出血および内出血などが起こります。薬剤または持病により出血傾向が著しい方は注意が必要ですので、施術担当者にお申し出ください。内出血は1?2週間程度で治り、身体への悪影響はありません。
  10. 施術の効果は、症状の性質や原因、また患者さんの刺激に対する感受性や反応する力によって大きく異なります。慢性的な症状のおおくは、施術効果が出るまでに比較的に時間がかかります。

※その他、気になることがあれば、お気軽に施術担当者にご相談ください。

鍼灸師のメッセージ

女性鍼灸師のメッセージ

初めての方には、しっかりとしたカウンセリングの時間をいただき、できるだけご不安のない状態で鍼施術を受けていただくよう心がけております。また、身体以外にもお顔の鍼施術も行っております。美容と健康両面についてお気軽にご相談くださいませ。

樋口 尚子 (ひぐち なおこ)