筋膜マッサージ専門院とうま鍼灸整骨院

慢性のコリや痛み&女性の骨盤ケア

自律神経の症状・疲労・頭痛・不眠

自律神経の症状疲労・不眠

こんな症状でお悩みではありませんか?

自律神経の症状でお悩みではありませんか?
  • 寝てもなかなか疲れがとれない
  • 日中、必ず眠くなる
  • 頭痛に伴う吐き気やだるさが辛い
  • 寝起きや夕方に決まって頭痛を伴う
  • 寝つきが悪く夢を見やすい
  • ?眠りが浅く朝はいつもだるい

自律神経の症状

自律神経が乱れる原因は生活習慣にアリ。
自律神経が乱れる原因は生活習慣にアリ

自律神経とは、体内の循環器、呼吸器、消化器といった内臓器官に関わっていて、私たちの意思とは関係なく自動的に調整している神経のことです。自律神経には“交感神経”と“副交感神経”の2種類があり、心と身体を緊張させて興奮状態に導くのが交感神経。反対に、心と身体を鎮め、リラックス状態に導くのが副交感神経です。この2つのバランスが良く機能している時は、自律神経が健康な状態と言えます。しかし、ふたつのバランスが乱れると、緊張状態が長く続いたり、逆に何もやる気が起きなくなってしまう状態に。

自律神経の状態で良くないのは、交感神経の働きが高まりすぎて、緊張状態が続くような状態です。

猫背や背中が反った悪い姿勢やPC、スマホ操作をはじめ、加工食品が中心の乱れた食生活、通勤以外は歩かないといった運動不足や寝つきが悪く睡眠不足、さらにはストレスを溜め込んでしまう考え方など、普段何気なく行っている生活習慣によって、自律神経は乱され、さまざまな不調を生み出しているのです。

当院の施術では、筋膜に刺激を与えることで自律神経のバランスを整え、結果的に内臓器官にもアプローチすることができると考えます。

また、自律神経に不調をきたしている人は呼吸が浅くなりがちです。そこで、深く大きく呼吸できるように筋膜に刺激を与え、胸郭を緩め背中の緊張を解くことによって、脳や筋肉をリラックスさせ、副交感神経の働きを優位にする効果も期待できます。