筋膜マッサージ専門院とうま鍼灸整骨院

慢性のコリや痛み&女性の骨盤ケア

とうま鍼灸整骨院のファシアセラピー筋膜リリース

筋膜に働きかける施術ファシアセラピー

私たちは、通常のリラクゼーションやマッサージ屋さんとは違い、解剖学や運動学を熟知した国家資格者の鍼灸マッサージ師と柔道整復師が施術を担当します。そうすることによって、より安全で効果の高い施術が提供できると考えています。

リラクゼーションとは違った本格派マッサージ

当院オリジナルのファシアセラピー

当院では、筋膜リリースを基にしたマッサージを行っております。

世界的にも筋膜の施術には様々な方法がありますが、当院では筋膜のみならず、骨、神経、血管、靭帯、臓器などの膜にもアプローチすることからファシアセラピーと呼んでいます。

なぜ、あなたの身体は
 歪み、疲労や痛みを感じてしまうのだろう?

  • 肩がバリバリに張る
  • 重いものを持ったときに腰に激痛が走る
  • 目の奥がジンジン痛む
  • 頭が締め付けられる
  • 腕が上がらない
  • すぐに疲れる
  • 身体が冷えやすい
  • ゆがみが気になる
  • 脚がむくみっぱなし

これだけ医学が発達してきた現代においてもレントゲンやMRIで調べてもわからない。原因不明の痛みや不調に悩む人が多くいます。

厚生労働省の発表によると、つねになんらかの痛みや不調を抱える人は3割を超えて男女共に痛みのトップ2に腰痛と肩こりをあげています。

日本の腰痛患者さんは ※推定2800万人 とも言われていて、そのうちの85%程は原因を特定できないとされています。
(※厚生労働省平成25年国民生活基礎調査の調べより)

筋膜に働きかけて痛みや不調を根本から取り除く

小さなお子さんからご年配の方までどなたでも効果を実感。

当院オリジナルの筋膜マッサージ法“ファシアセラピー”は、筋膜をつかみ伸ばすことで痛みの根本にアプローチすることができます。

実際に、病院や治療院をいくつも渡り歩いてきた方々から「ケガをしなくなった」、「腰から痛みが消えた」、「柔軟性が高まった」、「身体が軽く楽になる」、「視界がクリアになった」、などといった声を聞きます。

受ければ受けるほどに身体が変わっていく実感は高まり、身体の奥深くに隠れていた不調の根本的な原因にまでアプローチすることができます。また、今ある痛みの部位だけでなく、他の気になる部位や症状に合わせて施術をすることこともできるので、顕在していない痛みや不調の芽を摘み取るといった予防の効果も期待できます。

当院のファシアセラピーで、これまで意識することのなかった筋膜をじっくりほぐし、長年抱えた、その辛い痛みや不調から解放(リリース)されましょう。

ファシアセラピーに期待できる効果

当院オリジナルの手技療法ファシアセラピーでは「筋膜を捉えて伸ばす」ことで筋膜及びファシアの癒着を剥がします。癒着を剥がして、筋膜を他動的に滑走させてあげることで、筋肉が滑らかに動き、関節や骨格、骨盤がスムーズに動くようになります。

施術後は、胸郭が広がることによって深く呼吸出来るようになったり、肩甲骨の動きが改善することで肩こりが楽になったり、骨盤が安定して股関節の可動域が改善することで歩幅が大きくなり歩きやすくなったり、といった効果も期待できます。

全身の筋肉は筋膜という膜に包まれています

筋肉をほぐすことは、たくさんのメリットがあります。しかし、その前に意識しなければならない重要な存在があります。

それが筋膜です。

筋膜は、オブラートのように薄い膜でウェットスーツのように体全体に張り巡らされています。髪の毛程の細さの筋繊維一つひとつに始まり、筋肉や臓器をあるべき位置に収まるように立体的に組織を包み込んで支えていることから「第二の骨格」ともいわれています。

「押す・揉む」ではなく、捉えて伸ばす。

ファシアセラピーが一般的なマッサージと異なる点は、一つの筋肉の部分的なコリや痛みに着目するのではなく筋肉とその周囲を覆う筋膜を刺激するところにあります。ここで最も重要なポイントは、指圧マッサージのような「点」刺激ではなく、ファシアセラピーでは「面」刺激であること。

通常の指圧では筋肉に沿ったツボを親指で「押す」ことが重要になりますが、ファシアセラピーでは筋膜を指や手のひらで捉えて伸ばすことが重要であると考えます。

力任せに押し込む、強く揉み込むことは筋繊維や軟部組織を傷つけてしまい揉み返しが起きやすくなるのでNGです。また、身体は強い刺激を感じると防衛本能が働き、無意識にその部位に力が入ります。これでは、ほぐすどころか余計な緊張を身体に与えてしまい返って症状が悪化することもあります。

逆に、ファシアセラピーは小柄な女性でも施術を行えるくらい力はあまり必要としません。ストレッチに近い要領で筋肉とともに筋膜を捉え伸ばすことで、少しの圧力でも充分に刺激できるため「痛気持ちいい」といった体感を得ることができます。

動きやすい身体を手にいれる

ファシアセラピーのもつ優れた点は、痛みや不調の緩和のみにとどまらず、「動きやすい身体になれる」ということです。筋膜の癒着を剥がし筋肉や軟部組織の硬結を緩めることで、筋肉のもつ関節の可動域が回復し、身体が動きやすくなるといった効果も期待できます。さらに、「痛み疲れに強い身体になる」といったメリットもあります。

筋膜の癒着は早めのケアが肝心で、疲れが溜まり筋膜に異常が生じると、単なる疲れが痛みに転じてしまいます。ファシアセラピーではその流れを食い止めることができると考えます。

スポーツやレジャーにも適したファシアセラピーを行うことで、ケガの防止やパフォーマンスの向上にも役立ちますし、あらゆる競技にも対応できる身体のベースが築けます。

継続的に行うことが早期改善のカギ

癒着とは、ファシアなどの膜同士が炎症などによりくっついてしまうことを指します。

例えば、肩の関節の動き。肩をあげる際にいくつかの筋肉や骨などが“別々の違う動き”をすることで肩がスムーズに動きます。その際に、正しい動きを連動して行えるのは、筋膜や組織の間にあるファシアが癒着を起こしていない証拠と言えます。

逆に、筋膜やファシアが癒着を起こしている場合は、別々の動きをするはずの筋肉や骨が一緒に動いてしまいますので滑走性が悪くなりスムーズな動きが制限されてしまい、動かしづらい状態になってしまいます。

癒着の原因

筋膜は、身体の表面だけではなく深部まで張り巡らされているため、身体の表面だけではなく奥深くをリリースすることも必要になります。当院では、ファシアセラピーを繰り返し行うことで表面から深部へと段階的にリリースします。

表面が緩んでくれば、深部の捻れ固まった筋膜まで刺激が浸透しやすくなります。逆に言うと、表面が緩んでいないと深部が緩むことはありません。

一回の施術でも軽い、楽になった、と言う実感はあるかと思いますが、段階的に表面から深部までリリースを行うには、何回か継続して行うことが必要であると考えます。

当院ではその方の身体の状態によって、来院頻度の目安やご自宅でできるストレッチや運動など、アドバイスさせていただきます。

ぜひ、一度ファシアセラピーを体感してみてください。