筋膜マッサージ専門院とうま鍼灸整骨院

慢性のコリや痛み&女性の骨盤ケア

マタニティ整体・産後の整体・産前産後のケア

マタニティ整体・産後の整体産前産後のケア

こんな症状でお悩みではありませんか?

マタニティ整体・産後の整体・産前産後のケアでお悩みではありませんか?
  • お腹を支えることが大変になってきた
  • 妊娠中、脚がムクミやすくなってきた
  • 肩や腰に疲労が溜まっている
  • 骨盤周りに違和感を感じる
  • 出産、子育てに向けて身体を整えたい

産前産後のケア

肩こり、腰痛、脚のむくみ、骨盤周りの違和感などの緩和に。出産前の身体のケアにも◎
産前産後のケアビフォアー・アフター

「腰痛で悩む妊婦さんや、しんどいけど頑張りすぎるママさん達にとうま整骨院のケアを受けて欲しい!」と、実際にご来院頂いた患者さまから嬉しいお言葉を頂いております。 当院に、いらっしゃるママさんは産後の骨盤矯正でご来院頂く方がほとんどですが、実はマタニティ期から受けて頂いたほうが良いと思っています。

それはなぜか?

妊娠中よりも産後の方が、育児(授乳や長時間の抱っこ)や不眠で身体への負担が大きいので、妊娠中から産後の準備(適度な運動、骨盤ケア)が大事であると考えるからです。

出産がゴールではなくスタートになるので、産後の育児に持ち堪えられるように「身体づくり」を妊娠期間中から行うことで出産後の育児を気持ちを楽にしておこなうことができるのです。

ボキボキ×バキバキといった心身に負担のかかるような施術は一切行いません。

マッサージや整体を受けたことのない妊婦さんでも安心安全にリラックスして受けていただけるように完全個室にて施術を受けることが可能です

妊娠中は出産に向けたホルモンの関係で骨盤周りの靭帯が緩み身体全体のバランスが崩れやすくなります。さらに、大きくなるお腹を支えるために腰に負担がかかり、腰や骨盤周りの痛みに悩まされることが少なくありません。

妊娠中から筋膜の癒着を解消し、痛みにくい身体を整えておくということは、産後の骨盤ケアや子育て中の身体のトラブルの予防につながります。とくに妊娠前から肩こりや腰痛に悩まされている方は、ぜひ妊娠中から身体のメンテナンスをお勧めします。

※妊婦さんの場合は、主治医の了承を得た上で施術を承っております。

マタニティ整体・産後の整体・産前産後のケア

マタニティ整体・産後の整体産前産後のケア

こんな症状でお悩みではありませんか?

・・・産後の

  • 骨盤の歪みが気になる
  • 腰や肩の痛みが出てきた
  • ?むくみ、冷えがツラい
  • ?子育てによる身体への負担が気になる
  • リラックス&リフレッシュしたい

当院は開業(2015年4月)以来、多数の産後のママさんの骨盤を矯正している整骨院です。 産後に体力のないママさんにも安心の身体に負担の少ない施術がママさんに選ばれる理由であると考えます。

なぜ、産後に骨盤を矯正しなくてはならないのか?

ホルモンと骨盤の関係性

妊娠期に子宮を緩める作用のあるリラキシンという女性ホルモンが分泌され、通常よりも骨盤が下方に開きやすくなります。出産後に骨盤が正しい位置に戻っていない場合は、以下のような症状が出やすい傾向にあります。

【出産後に出やすい症状】

・血流やリンパの流れが悪くむくみやすい
・腰痛、膝痛、肩こり ・肌荒れ、だるい、便秘
・婦人科系の不調など

産後の骨盤の歪みについて

通常、骨盤は靭帯で固められているものなので、簡単には歪むことはありません。 ですが、妊娠をして出産が近づいてくると赤ちゃんが産道を通ってこの世に生まれてくる準備が必要になるために骨盤が緩んできます。その後、赤ちゃんが生まれた後は骨盤は自然に戻ります しかし、様々な原因によって産後に骨盤がきちんと戻らないケースも多くあります。 そのため、腰痛や股関節や膝の痛み、尿漏れなどの産後特有の症状が起こってしまうことがあります。 また、無症状でも産後の骨盤は歪んでしまっているケースもあります。 このような場合、適切に骨盤矯正をすれば、元に戻すことができ、症状もおさまります。

骨盤の歪みの原因&発生機序

そもそも、なぜ歪むのか?
それには、いくつかの理由が考えられます。

まず、骨盤が緩まなければ赤ちゃんが出てこれません。そのため、出産後には女性ホルモン「リラキシン」が分泌され、骨盤周りを固めている靭帯を緩めて産道が広がります。

その後、リラキシンは分泌されなくなり、少しづつ元の骨盤の位置に戻ろうとしますが、 様々な原因によって産後に骨盤が戻らずに、症状が出る場合があります。

通常、リラキシンは産後2週間は分泌され続けると言われているので、しばらくの間は骨盤が緩んだ状態のままということになります。

昔は「床上げ」と言って、出産後はいつでもゆっくり横になれるように布団を敷きっぱなしにして身体を休めるようにしていましたが、近年では産後一ヶ月も経っていなくても家事を行ったり、安静にしているようでもソファに浅く腰掛けた姿勢で座っていたりと、歪みやすい環境になってしまいました。

また、妊娠以前に仕事の動作で姿勢が不自然な状態になっていることも原因として考えられ、妊娠前に少なからず骨盤が歪んでいたということも否定できません。

さらに、昔の人に比べ歩くことや運動することが減っていることで骨盤周りの筋肉量が著しく弱ってしまっていたり、靭帯や骨が弱まっていたりすることも考えられます。

このように、いくつかの原因が重なり合うことで「骨盤が歪む」ということが起こってしまいます。

産後の骨盤の歪みに対しての一般的な処置

韓国などでは、産後ケアがかなり浸透しており、出産に伴う入院は3?4日でその後に産後ケア施設へ入所しサービスケア(食事、マッサージ、乳房ケア、よもぎ蒸し)などを受けることが一般的です。韓国では、昔から『サンフジョリ』という①家から出ず、②保温に努め、③特別な食事をとり、④有害物を避け、⑤周囲のサポートを受ける。というものがあります。これらの習慣は、産後の身体的な疼痛を予防し、その後の女性の健康を大きく左右すると言われています。

日本では、現状ではあまり産後ケア施設が知られておりません。また、産後の入院は正常分娩であれば6日ほどで、その後は自宅へ戻り子育てをサポートできる方に来てもらうか、遠方であれば実家のほうへ帰省し親御さんにサポートしてもらう。といったことが主流です。処置といえば、①安静にする②骨盤ベルトをセットする。といったことぐらいでしょうか。特に、腰痛などの疼痛に対する薬なども飲むことができず、対処法がないことが問題です。

こういったことから、処置どころか産後の骨盤の歪みが助長されてしまうケースは少なくありません。

体操やセルフケアで治すという方法

一般的ではありませんが、テレビや参考本などでも、骨盤体操や矯正法というものが紹介されています。

一概には言えませんが、情報が錯乱しているメディアにおいては、人によっては良いと思われることを一通り試した結果、逆に症状が悪化してしまったというパターンもあるかと思います。

当院では、骨盤の歪み方は人それぞれ千差万別であって、骨盤の数だけ歪みのパターンがあると考えております。その上で、骨盤の歪みの違いに対して同じ体操で同様の効果が得られることは大変難しいと考えております。ですので、その方の骨盤に対して歪むパターンに対応できる矯正を行うことが非常に大事であると思います。

当院の産後の骨盤矯正はこういった方に向いています

産後の骨盤調整、姿勢改善、腰痛・肩こりの緩和、関節の痛みなどの緩和、産後のママさんの全身ケアをしたい方

施術では、出産後の骨盤が正しい位置にキープされるよう、骨盤周りや骨盤を支える下肢の筋膜を中心に整えます。また、頻回の授乳や抱っこなどで負担のかかる首・肩・背中・腰の筋膜の施術も行います。また、妊娠中、お腹が大きくなるにつれて外股で歩くようになると、太ももの内側の筋肉に力が入りにくくなり、繋がっている骨盤底筋群の働きも低下してくると考えられます。

「産後も尿もれが続く。」、「なかなか体型が戻らない。」、などのお悩みがある方にもお勧めです。

アフターケアとして、家事や育児の合間にリフレッシュも兼ねて自宅で出来るストレッチやプチトレーニングもお伝えしていきます。